スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそも、フケとは一体何?

そもそも、フケとは一体何なのでしょう? フケ症でお悩みの方は、頭をかくと際限なく白い粉のような物が出てきますよね。
このフケの正体は何か、何となく想像は付くかと思います。
フケとは、頭皮の老廃物、すなわち頭皮の垢(あか)です。
新陳代謝によって、頭皮上に存在する古い角質細胞が乖離し、フケとなっています。
つまり、フケというのは垢と同じと考えて良いわけです。
フケが不潔である事は、この事からも明白です。
他人の老廃物を見て、なんとも思わないという人はあまり多くないでしょう。
自分自身にしても、老廃物が頭を掻くたびに出てくるというのは、決して良い状況とはいえませんよね。
老廃物を新陳代謝によって外に出すというのは、人間の体において極めて正常な事です。
よって、決してフケが出る事は体がおかしいとか、異常であるという事はありません。
問題は、その量です。
例え毎日頭を洗っても、すぐにフケが出てくるというフケ症の人にとっては、毎日自分の肩に老廃物が乗っているといった状況が、かなり耐え難いものではないでしょうか。
フケそのものは、決して有害な物ではありませんし、異物でもありません。
しかし、自分も含め、人に不快感を与える物である事は間違いありません。
それが目に見えるような状況は、誰も得をしない、好ましくない状態であると言わざるを得ないでしょう。
フケ症は病気と言えるかどうかという議論がなされる事もありますが、困っている人の多さを考えた場合、少なくとも治療方法や予防、対策について思慮を練るだけの価値がある事項である事はまちがいないでしょう。
スポンサーサイト

フケは嫌われる

人間、どういった環境に身を置いているにしても、清潔感というものは常に身につけておく必要があります。
清潔感のない人間は、どうしても他の人に煙たがられ、忌避されるもの。
これは仕方のない事だと思います。
では、どういった人が清潔感のない人とみなされるのでしょう。
人間は、基本的に目と鼻でそれを感じ取ります。
まず敏感なのは臭いです。
あまりにも耐えがたい異臭を放つ人と普段から普通に接するというのは、耐えられない人がかなり多いはずです。
異臭といえないまでも、少し臭いがするという人に関しても、決して良い気分で接する事はできないでしょう。
これは、悪い事でおかしな事でもありません。
自然な事です。
ですから、できる限り臭いに関してはケアしなくてはなりません。
そして、目、すなわち見た目に関しても、同様に気を配る必要があります。
見た目で清潔感がないとみなされる事項はいくつかありますが、その中で最も不潔だと思われるのは、フケが肩についていたり、髪の毛に付着していたりする状況ではないでしょうか。
フケが気になるという人は、大体2人に1人と言われていますが、実際はこれ以上いると思われます。
同時に、フケ症で悩んでおり、フケ症を治さないといつまでも不潔と思われると苦しんでいる方も大勢います。
フケのケアはしっかりしているのに、フケ症だからどうしても出てきてしまうというのは、とても深刻な悩みなのです。
ここでは、その解決法、予防、対策などを紹介していきます。

フケ症の定義

社会的風潮として、フケで悩んでいる方を、ひとまとめにしてフケ症と呼んでいる節があります。
しかし、正式に「フケ症」というのはどういった定義で呼ばれているのでしょう。
フケが出るというのは、人間の体において極自然な事です。
全身の皮膚に起こる新陳代謝のうち、頭皮にそれが起こっているだけの事ですから。
しかし、そのフケの量によって、フケ症であるか否かが分かれます。
基本的に、フケの量がどれくらいでるとフケ症、という定義はなされていません。
実際、フケの量なんて測る人はいないでしょうし、それを測って比べたがる人もいないでしょう。
そう考えると、曖昧な症状、曖昧な病気といえます。
フケ症と呼ばれる一般的な解釈としては、朝頭を洗っても、その日の内に頭からフケが落ちて肩に乗っかっている状態の人をフケ症と定義するのではないでしょうか。
毎日頭を洗わず、フケばかりという人はただの不潔な人とみなされるでしょう。
しっかり頭を洗っているのに、その日のうちにフケが出てきてしまう。
また、どれだけ頭を掻いても、際限なく出てきてしまう。
こういった場合、フケ症と呼ばれることが多いようです。
とはいえ、フケで悩んでいる人は、少なからずフケ症であるという定義も、間違いではないでしょう。
これといった数値的な定義がない以上、症状の度合いを一定の水準で見る事は難しいですし、結局のところは、どれだけ困っているかというのが重要となってきます。
もし、自分のフケが気になるという場合は、フケ症であると自覚した方が良いかもしれません。
フケ症は決して負い目として感じる必要はありませんが、治療や予防に関しては常に頭に入れておき、実行していく事をお勧めします。

フケ症の種類

フケ症は、全てが一律同じような状態であるとは限りません。
大きく分けて、二つのフケ症が存在すると考えて良いかと思います。
この種類分けは、治療や予防を行う際に関係してきます。
自分がどういった種類のフケ症であるか、目を背けたくなる事ではありますが、しっかり自覚しておきましょう。
フケ症は、乾燥タイプと脂漏タイプに分かれます。
まず、乾燥タイプについて。
乾燥タイプは、パラパラと乾いた感じのフケが出る状態の方です。
この場合、洗髪をしすぎたり、無理に頭を強く掻いたりした場合に、こういったフケが出ます。
よって、フケ症ではないのにフケで悩んでいるという方も、このタイプに入ることになります。
そういう意味では、比較的予防しやすい部類と言えるかもしれません。
もう一方の脂漏タイプは、頭皮に皮脂が多量に分泌し、頭を掻くと爪の中にフケが溜まっている、といった状況になっています。
フケ症の方の多くが、この脂漏タイプのフケ症です。
こちらは、本格的な予防や治療を行わないと、なかなか治らないでしょう。
乾燥タイプの場合は、頭を掻きすぎない、頭を洗うときに強くしすぎない事を心がけるだけで解消されるというケースが多々あります。
それに対し、脂漏タイプの場合は、本格的なフケ症と考えて良いかと思います。
男性の場合は大抵脂漏タイプです。
ベタベタしているので、嫌悪感はかなり強くなってしまいます。
自分がどちらの種類のフケ症に属しているのか、しっかり把握した上で予防や治療方法を探すようにしましょう。

フケ症の程度1

フケ症と一言で言っても、必ずしも全ての方のフケ症が同じであるわけではありません。
種類でも区分けされれば、程度でも分けられます。
軽度であったり、重度であったりするのです。
では、軽度のフケ症とは一体どういった症状なのでしょう。
認識としては、ちょっとフケが気になる、といった量のフケが出てきた場合が相当すると考えて良いかと思います。
この場合、自分がフケ症であるという自覚をすることは少し難しいかもしれません。
特に、肌が乾燥してフケがでやすくなる冬場に関しては、それが自然だと思い込んでしまうケースが多くなってしまいます。
実際、軽度のフケ症であれば、毎日頭を洗っている限り、あまり人から指摘されるほどの量が頭から落ちてくるという事もないでしょう。
しかし、この軽度のフケ症は、重度のフケ症への序曲なのです。
フケ症は、もって生まれたものとは限りません。
突然変異のように、成長期、あるいは大人になってからなってしまうことがあります。
そして、それは段階を踏んで進行していきます。
つまり、軽度のフケ症は、重度のフケ症へのステップ段階と言えるのです。
脂漏性皮膚炎、すなわち脂漏タイプのフケ症の場合は、この軽度の段階でも対処を行う必要があります。
ちょっとフケが多いな、と思った程度で気にする必要はないと考えているのは、少々危機感が足りないと思ってください。
そこから一気に進行していく可能性は決して低くありません。
自分を清潔に保ちたいならば、早め早めのケアが必要です。
 | HOME | OLD »»

スポンサードリンク

サイトマップ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。