スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フケ症チェック2

自分がフケ症かどうかを自覚する上で、頭がすぐかゆくなるかどうか、という点が挙げられます。
フケ症の場合、皮脂が過剰分泌し、それを栄養源とする頭皮の菌が大量繁殖しますが、この際にかゆみが生じているのです。
また、皮膚が炎症を起こした際にもかゆみが生じます。
つまり、フケ症の場合、嫌でもかゆみが発生するのです。
よって、頭皮に慢性的なかゆみを感じている場合、フケ症であるという可能性を考慮しなければなりません。
また、頭皮が赤くなりやすい場合も、炎症が起こっているという事で、フケ症の可能性が高いという事になります。
これも、大量に繁殖した菌の仕業です。
よって、フケ症の疑いを持たなくてはならないでしょう。
こういった炎症が進むと、かゆみを通り越して痛みになる場合があります。
痛みを感じる場合は、もう病院に行かなくてはならないレベルの炎症です。
脂漏性の炎症を疑わなくてはなりません。
ここまでくると、フケ症というよりはもう立派な要治療の病気なので、医師の処方に従い治療を行う必要があるでしょう。
最もフケ症であると判断しやすいのは、フケの質です。
フケをじっと眺めるというのは、決して気持ちの良いものではありませんが、自分がフケ症かどうかの確認を行う為には必要な事です。
フケが固まりになっている場合は、皮脂が過剰分泌されてフケを固めているという状況です。
まず間違いなくフケ症という事になるでしょう。
こういった複数の項目を全てチェックする事で、フケ症かどうか、またその程度を知る事ができます。
是非チェックしてみてください。

スポンサードリンク

サイトマップ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。