スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フケ症の程度1

フケ症と一言で言っても、必ずしも全ての方のフケ症が同じであるわけではありません。
種類でも区分けされれば、程度でも分けられます。
軽度であったり、重度であったりするのです。
では、軽度のフケ症とは一体どういった症状なのでしょう。
認識としては、ちょっとフケが気になる、といった量のフケが出てきた場合が相当すると考えて良いかと思います。
この場合、自分がフケ症であるという自覚をすることは少し難しいかもしれません。
特に、肌が乾燥してフケがでやすくなる冬場に関しては、それが自然だと思い込んでしまうケースが多くなってしまいます。
実際、軽度のフケ症であれば、毎日頭を洗っている限り、あまり人から指摘されるほどの量が頭から落ちてくるという事もないでしょう。
しかし、この軽度のフケ症は、重度のフケ症への序曲なのです。
フケ症は、もって生まれたものとは限りません。
突然変異のように、成長期、あるいは大人になってからなってしまうことがあります。
そして、それは段階を踏んで進行していきます。
つまり、軽度のフケ症は、重度のフケ症へのステップ段階と言えるのです。
脂漏性皮膚炎、すなわち脂漏タイプのフケ症の場合は、この軽度の段階でも対処を行う必要があります。
ちょっとフケが多いな、と思った程度で気にする必要はないと考えているのは、少々危機感が足りないと思ってください。
そこから一気に進行していく可能性は決して低くありません。
自分を清潔に保ちたいならば、早め早めのケアが必要です。

スポンサードリンク

サイトマップ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。