スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フケ症の定義

社会的風潮として、フケで悩んでいる方を、ひとまとめにしてフケ症と呼んでいる節があります。
しかし、正式に「フケ症」というのはどういった定義で呼ばれているのでしょう。
フケが出るというのは、人間の体において極自然な事です。
全身の皮膚に起こる新陳代謝のうち、頭皮にそれが起こっているだけの事ですから。
しかし、そのフケの量によって、フケ症であるか否かが分かれます。
基本的に、フケの量がどれくらいでるとフケ症、という定義はなされていません。
実際、フケの量なんて測る人はいないでしょうし、それを測って比べたがる人もいないでしょう。
そう考えると、曖昧な症状、曖昧な病気といえます。
フケ症と呼ばれる一般的な解釈としては、朝頭を洗っても、その日の内に頭からフケが落ちて肩に乗っかっている状態の人をフケ症と定義するのではないでしょうか。
毎日頭を洗わず、フケばかりという人はただの不潔な人とみなされるでしょう。
しっかり頭を洗っているのに、その日のうちにフケが出てきてしまう。
また、どれだけ頭を掻いても、際限なく出てきてしまう。
こういった場合、フケ症と呼ばれることが多いようです。
とはいえ、フケで悩んでいる人は、少なからずフケ症であるという定義も、間違いではないでしょう。
これといった数値的な定義がない以上、症状の度合いを一定の水準で見る事は難しいですし、結局のところは、どれだけ困っているかというのが重要となってきます。
もし、自分のフケが気になるという場合は、フケ症であると自覚した方が良いかもしれません。
フケ症は決して負い目として感じる必要はありませんが、治療や予防に関しては常に頭に入れておき、実行していく事をお勧めします。

スポンサードリンク

サイトマップ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。