スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フケ症の程度2

フケ症は、段階を追って程度が増していきます。
最初の頃は、少しフケが出ているな、という程度だったものが、徐々に肩にフケが落ちるようになり、気が付かない間に枕元にフケばかり、という状況にどんどんとなっていきます。
重度のフケ症の場合、生活している部屋がフケだらけになり、そのフケがホコリと共に床に沢山落ちているような状態になってしまいます。
これは、衛生上、そして健康上かなりよくない状態と言えます。
また、頭皮にも大きな変化が現れます。
重度のフケ症になると、頭皮の毛穴に脂の塊が出てきたり、頭皮が赤くなって炎症を起こしている状態になったり、頭皮以外のみけんや鼻、耳の裏にまで炎症が進行してしまうケースもあります。
ひどい人になると、それが背中にまで侵食していきます。
フケ症は、こういった炎症を引き起こすという意味では、立派な病気です。
この状況で病院にいくと、まず脂漏性皮膚炎という診断を下されるでしょう。
重度のフケ症は、頭皮の毛穴を詰まらせる原因となります。
この場合、様々な問題が発生してしまいます。
一番は、脱毛です。
毛穴が脂漏によってふさがれてしまい、髪の毛が上手く育たなくなってしまうのです。
よって、フケ症をいつまでも放置していると、薄毛、抜け毛の原因となってしまいます。
これはかなりショッキングな事実です。
フケ症は、こういった重度な状態になる前に、予防、もしくは対処をしていかなくてはなりません。
決して軽視できるものではないのです。

フケ症の原因1

フケ症は、通常よりも多くの量のフケが頭皮から発生してしまう症状の病気です。
そのほとんどの場合は脂漏性皮膚炎と診断されます。
では、このフケ症は、どういったことが原因で起こってしまうのでしょう。
まず、フケが発生するメカニズムについてご説明しましょう。
フケは、頭皮の皮脂が新陳代謝によって古いものから新しいものに入れ替わる際に、古い頭皮がはがれたものです。
ですので、それ自体は自然の摂理です。
しかし、例えば毎日のように大量の頭皮が剥がれ落ちるとなれば、それは当然正常な状態ではありません。
新陳代謝は全身で行われていますが、もし毎日顔の皮がはがれていったら、それは正常とはとてもいえないですよね。
それと同じ事です。
つまり、フケ症というのは、このフケ発生のメカニズムが故障している状況と言えます。
では、何が原因でメカニズムは壊れるのでしょう。
頭皮には、皮脂を分泌する為の皮脂腺というものがあります。
そして、この皮脂を栄養源としている菌もそこにいます。
頭の上に菌がいるというのは、気持ちが悪いように思われますが、人間の身体には沢山の菌が住みついているので、それ自体は全くの正常な状態と言えます。
よって、この菌の存在自体は別段おかしなところはありません。
問題は、皮脂の増加により、この菌が通常よりもはるかに多くなる事です。
皮脂の分泌量が多くなる事で、頭皮の皮脂腺に付着している菌が大量に繁殖する。
これが、フケ症の原因を形成しているのです。

フケ症の原因2

フケ症の原因は、頭皮の皮脂腺から発生する皮脂を栄養としている菌の大量発生にあります。
では、これらの菌が大繁殖する事が、なぜフケ症に関係してくるのでしょう。
この、皮脂を栄養源としている菌を、癜風菌と言います。
読みは『でんぷうきん』です。
この癜風菌は、カビの一種と言われています。
つまり、頭の上にカビが生えている状況です。
ただ、それ自体は正常な事であって、人間の身体には菌・カビの部類は常に付着しています。
しかし、この癜風菌というカビの一種が大量に頭皮に付着していると、皮脂が必要以上に分解されていきます。
この菌は皮脂を脂肪酸に分解するのですが、そうする事によって頭の角質の新陳代謝が異常に早まってしまいます。
そうなれば、当然角質はポロポロと剥がれ落ちていきますよね。
これが、フケ症の原因です。
フケ症の元となるのは、新陳代謝を促進させるカビたちの仕業です。
これによって、たとえ毎日二回頭を洗ってもフケが出てしまう、という人まで出てくるのです。
通常、フケが出るのは数日頭を洗わないなど、新陳代謝によってはがれた角質を定期的に洗い流していない人だけです。
しかし、その新陳代謝を人の数倍早くしてしまっているのが、フケ症という病気なのです。
新陳代謝が早いことは良いことだ、と思う方もいるかもしれませんが、正常な状態ではない上に、決して見た目がよくないので、良いことはありません。
できる限り早急に治療すべきなのです。

フケ症の原因3

フケ症の原因となる癜風菌の大量発生は、皮脂の大量分泌が原因となります。
では、この皮脂の分泌量が増える要因とは何なのでしょう。
基本的に、皮脂が多いのは男性です。
ですので、フケ症は男性に多い病気と言われています。
皮脂が多く発生するのは、一つは生まれ持った体質であったり、性別であったりといった本人にはどうしようもない物もあります。
その一方で、別の要因もあります。
皮脂の過剰分泌の要因として挙げられるのは、睡眠不足や食事時間の乱れです。
これらは、人間の身体に異常をきたす最大の要因であり、これが原因で皮脂が過剰に分泌してしまうという事が確認されています。
同様に、ストレスが溜まった上体も、体調に悪影響を及ぼします。
これもまた、過剰分泌の要因です。
さらに、性別によって皮脂の分泌量が変わるという事に関連し、ホルモンバランスの乱れによる過剰分泌も考えられます。
男性ホルモンが多くなる事で、こういった症状が生まれるといったところです。
さらには、ビタミンBの不足に関しても、指摘されているようです。
こういった症状は、全て生活習慣の乱れが原因となっています。
体調悪化の多くは生活習慣が整っていないからこそで、このフケ症という症状もまた、その一つに数えられます。
ホルモンバランスにしても、ビタミンBの不足にしても、生活習慣が乱れている故に起こる事と言えます。
つまり、フケ症の原因は、生活習慣の乱れであると考えても差し支えないでしょう。

フケ症の原因4

フケ症の原因である皮脂の過剰分泌は、基本的に生活習慣を乱している事が要因となります。
もちろん、体質的な部分もかなりを占めますが、やはり一番はストレスであったり、ホルモンバランスの乱れであったり、体質に悪影響を及ぼすような要因が多くなってきます。
そして、それらと同じく、フケ症の外的要因となっているのが、不衛生な生活です。
フケは、不衛生、不潔の象徴ともいえるものですよね。
フケが肩に落ちているというだけで、その人は不潔だと判断する方がほとんどかと思います。
実際、フケ症に悩む人のほとんどは、こういった他人の目が怖い、と不安に思っているかと思います。
どれだけ頭を洗っても出てきてしまうフケに、恐怖を覚える方も少なくないでしょう。
もちろん、清潔にしている方もいる一方で、フケ症の原因が不衛生な生活にあることも否定できません。
洗髪、洗顔、入浴をあまりしていない、あるいは全くしていないという場合は、当然ながら皮脂も溜まりますし、分泌量も増えていきます。
単にフケ自体が頭の上に溜まっていくというだけでなく、実際に皮脂の分泌量が増え、重度のフケ症となっていく原因となっているのです。
不衛生な生活は身体に悪影響を与えるからです。
これも、フケ症の一つの原因です。
フケ症をどうにかしたいという場合、生活習慣を根本から見直す必要があります。
その中で、不衛生な生活を送っているという自覚がある人は、まずそこから直していかなければならないでしょう。

スポンサードリンク

サイトマップ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。